とこなつの国より

東南アジアでの日々のこと

MDTCC(Ministry of domestic trade, co-operatives and consumerism)というのがあるらしい

今借りているコンドミニアム(ホテルをコンド貸ししているという物件)で騒音トラブルが現在進行中。これ、こっちにきてから度々ある。コンドミニアムの管理会社がちゃんとしていれば、解決する(場合もある)。今、コンドの責任者が辞めて不在らしく、なおかつ土日は対応していないので、月曜を待っている状態。うるさくて寝られないので、寝不足で体調不良の中調べてみたところ、マレーシアには、MDTCC(Ministry of domestic trade, co-operatives and consumerism)→マレーシア国内取引、共同組合、消費者省 というのがある、という記述があった。これも、個人の日本人が書いている内容なので真偽は調べないとだけど、消費者のための苦情窓口がこの省の中に設けられていて、外国人にも対応する(…のかな?)。賃貸物件の騒音トラブルに対応するかは分からない。不当な扱いを受けたという物的証拠が必須とのこと。書面や、映像など。なんにせよまずは、相手先業者と掛け合って、解決がつかないようならこちらに問い合わせしてみるのもありと。とりあえずメモ。