とこなつの国より

東南アジアでの日々のこと

コンドミニアム騒音の続き

自分たちが借りているコンドミニアムは、建物の中にホテルと賃貸が混在している。日本だと殆どこういうタイプは無いけれど、マレーシアでは結構あるみたい。騒音に関しては、騒音元が、ホテルとしての部屋なら、多分ホテル側がすぐに対応してくれるんじゃないかと思う。問題は賃貸として貸し出している部屋(オーナーが別のところに住んでいる)が騒音元だった場合で、今住んでるコンドは、部屋の外から騒音を確認できなければ、対応は翌日になる(他のコンドミニアムはまた違う対応なのかもしれない)。今回、騒音元が寝室の真上で、外にまでは音は漏れないけど、とにかく音が下に響いてどうしようもなかった。コンドミニアムのオフィス、セキュリティに言ってもダメ。スマホで録音録画して見せたけど、Oh…no…で終わり。次の日に、コンドミニアムのオフィス、セキュリティ事務室、コンドの開発元にまでメールした(夫が。私が書いたうるさいんだコノヤローメールはスルーされたので)。その日の夜に返事は来たけど、ごめんね!warning letter出したから次煩かったらまた言ってね、2度目出すからサ、てな感じだった。warning letterなんて何の効力もないでしょって言ったら、夫が言うには、これ、2回目出されたら強制退去になると(多分)。それのせいか何なのか、すごく静かになった。とりあえず、消費者庁に苦情だすのは次回以降となった。