読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とこなつの国より

東南アジアでの日々のこと

移住について:2

病院のこと。こっちに来て3か月目くらいにいきなり七転八倒するような腹痛に見舞われて、慌てて病院を探した。国営の病院はパス。安いけど、ものすごく混んでいるし当然日本語は通じない。病状が的確に通じないと怖いので、日本語通訳のいる病院を探した。とにかくお腹が痛くて、泣きながらネットで検索して、ようやく日本人がやっているという開業医を探して行ってみたけど、これがヤブ医者だった。エコーで見たら、腹部に影が映っている、婦人科に行って、精密検査をしてくださいと。こっちの保険も入ってなかったし、婦人科の医者なんて全然調べてなくて真っ青になった。またそこで泣きながら病院を探して、お腹が痛くなって3日目くらいにようやく大きな病院で調べてもらった。結果、全く異状なし。おそらく膀胱炎だろうと。抗生物質を飲んで、数日で良くなった。

普段健康で病気にかかったことが無い、って人でも、海外では水の違い、風土の違いで、思いもかけない病気になることがある。とにかく、日本にいるうちに調べられることは調べておくこと。マレーシアの日本大使館のHPにも、確か、日本人向けに通訳のいる病院が載っていたように思う。

日本にいるうちに出来ることは沢山あるように思う。来てから焦らなくて良いように、沢山調べておくのは、決して無駄じゃないと思う。